『SLIK スタンドポッド』 三脚より自立する一脚を使ってみた。『スタンドポッド』『スタンドポッド5』『スタンドポッド7』どれを買うのか迷った話。

gadget

『SLIK スタンドポッド』 一脚兼簡易三脚 スタンドポッドを買ったのでレビュー

p1160998

スポンサーリンク

スタンドポッド、スタンドポッド5、スタンドポッド7の比較

『スタンドポッド』は簡易三脚になる一脚だ。

『スタンドポッド』と『スタンドポッド』という商品もあるため詳細をチェック。細かな違いがあるので下の比較表を参考にして欲しい。

スタンドポッドスタンドポッド5スタンドポッド7
コンセプト全長が1.775mまで伸びる。短い・軽いので持ち運びに有利。対加重2kgまでOKなので重いカメラもOK。
重量720g680g955g
全長1,775mm1,540mm1,750mm
縮長720mm620mm745mm
対加重1kg1kg2kg
ミニ三脚として使用
水準器なしありあり

『スタンドポッド7』は付属のアダプターで一脚としても使用することができる。金額はスタンドポッド <  スタンドポッド5 <  スタンドポッド7だと分かる。金額的な面と高さが欲しかったため、筆者は『スタンドポッド』をチョイスした。

『スタンドポッド5』は軽量で良いのだが高さが150cmなので少し足りない場合がある。150cmでは人の頭を超えることはできない。つまり立ち見客の後ろから、上に伸ばして撮影することができない。

『スタンドポッド7』は安定性・対加重がUPしている。その分重さもUPしている。

dsc_4900

『スタンドポッド』に水準器は付いていない。上の画像のようにカメラに水準機能が付いている場合はそちらを使う。あらかじめチェックしよう。『スタンドポッド5』と『スタンドポッド7』は水準器が付いているようだ。

必要な設置面積はどのくらいか?

dsc_4891

地面に接する三角形の一辺の長さを測ったら22cmだった。25×25平方cmほどの空間があれば置ける省スペース的な優秀な三脚だ。

開封レビュー

p1160886

今回はコジマネットで注文。通販は楽でよい。届いたダンボールが大きくてびっくり。ダンボールを捨てるのが少々面倒だった。

p1160888

ダンボールの中身はこんな感じだった。商品箱はずっと小さく、予想通りスカスカ状態だ。ネット通販だと『あるある』である。

p1160905

外箱にこんなイラスト。『運動会・入学式・発表会』での需要をねらった商品だと分かる。

p1160914

中身は本体と保証書、そして説明書が入っている。それと専用の袋が付いてくる。どれもコンパクトでいい感じである。

三脚と一脚の比較

p1160926

安定性重視なら三脚を買うべきだ。

三脚の利点は安定性である。高さを伸ばせば伸ばすほどに安定性が必要となってくるし、取り付けるカメラの重量やバランスによって不安定さは増してくる。また外での強風時の場合は、三脚の脚が短いとすぐに倒れてしまう。

今回の『スタンドポッド』はあくまで簡易三脚になる一脚である。撮影場所から離れて放置するといった使い方はできない。屋内ならば誰も触らなければ手を離していても倒れることはないと予想できるものの、ちょっと肩が当たってしまうなどで転倒してしまう危険性が高い。必ず常に手で支えながら使う商品だ。

一脚は場所をとらない、軽い。

今回の『スタンドポッド』の重量は720gだ。長さは720mmから1775mmまで伸びるので十分な高さを確保できる。

p1160927

通常の三脚と比べて必要となる設置地面の広さは1/4くらいになる。

p1160943

4段階で伸長する。最も伸ばしていくとカメラレンズ位置が180cmほどになる。入学式などで後列からでもよく撮れそうだ。上の画像にとりつけているカメラは、NikonのD60というちょっと古いカメラとズームレンズ(AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED )だ。レンズ+カメラの重量は900gくらいになるが、自立させることができた。

ただし、自立できるからといって手を離して放置するのはやめるべきだ。ちょっと何かがぶつかったり、強風に煽られれば倒れてしまうリスクがある。

分解・ミニ三脚として利用できる

p1160973

簡単に分解することができる。

p1160974

ポールを使わずに雲台と三脚のみにした場合。『ミニ三脚』としても使用することができる。

p1160978

ミニ三脚は写真のように非常にコンパクトにたたむ事ができる。持ち運びは便利だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました