LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S. パナソニック望遠ズームレンズ比較

gadget

『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S』パナソニック望遠レンズ購入レビュー

dsc_4840

『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』は、35mm判換算で200~600mmまでをカバーする、光学式手ブレ補正搭載の超望遠ズームレンズだ(最短撮影距離は1.5m)。レンズマウントはマイクロフォーサーズで重量520gと、600mm望遠としては超軽量で超小型なのが魅力である。

(※追記:2017.2には手振れ補正がPOWER.O.I.S.へ改善された『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II/POWER O.I.S.』が発売されている。)

スポンサーリンク

焦点距離600mmズームの威力を検証

iphoneと、望遠換算200mmと、600mmの違い。撮影画像を比較してみた。

まずはiphone(iphone6でズームなし)で撮影したのが下の画像だ。実際に全く同じ位置から撮影してみたので比較してみて欲しい。

この画像は、全くズームを使用せずにiphone6で撮影したものだ。天気の良い日で鮮明に撮影できているものの、画質自体も荒さが目立つ。iphoneの場合は被写体との距離はせいぜい5mくらいまでは妥当になるだろうか。もっと先の被写体をメインに撮りたい場合は、自らの足で近づかなければならない。iphoneはズームすることができるが、その場合は画像は荒くなってしまう。

次に同じ位置から、望遠レンズ『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』を使用して撮影した。これは100mmの焦点距離だ。遠くにあったボールのかなり近くまで寄れているのが分かる。画質もiphone6と比べると大分向上している。

さらに同じ位置から。立ち位置を全く変えずに撮影した。同レンズで焦点距離300mm(35mm換算600mm)で撮影したものだ。通常で近づいて撮影することが困難な場面で有利になる。サッカー大会や運動会などでも大いに威力を発揮できるだろう。

マイクロフォーサーズの望遠ズーム レンズを買い足そうと思ったら?

交換レンズ候補

筆者はマイクロフォーサーズ規格の愛用者だ。オリンパスではなくパナソニックユーザーであることを考慮にいれて欲しい。好みは人それぞれで、オリンパス押しの人もたくさんいるだろう。筆者がパナソニックを使っている理由は、性能の点よりも製品の外観が好みであるところが大きい。レンズ性能に関しても今のところ不満は感じていない。

スペックに関しては特に『重量』を重視している。カメラ本体は本体重量236gの『LUMIX DMC-GF7』を使用している。

望遠撮影において、標準ズームレンズ35-100mm(35mm判換算 ~200mm)だけではすぐに物足りなくなった。望遠レンズで候補に挙がっていたものを3種挙げる。

『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』(今回購入)

『LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.』

『LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 』

の3種である。

焦点距離100-300mmか、100-400mmか、45-175mmか?

レンズ名称 LUMIX G VARIO

100-300mm

/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.

 LEICADG VARIO-ELMAR

100-400mm

/F4.0-6.3 ASPH./POWERO.I.S.

LUMIX G X VARIO PZ

45-175mm

/ F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.

特徴 手持ちで撮れる600mm大望遠。 マイクロフォーサーズ初の800mm超望遠パナライカ。 望遠電動ズーム。全長不変で快適なズーム。
焦点距離 100~300mm(35mm判換算 200mm~600mm) 100~400mm(35mm判換算 200mm~800mm45~175mm(35mm判換算 90mm~350mm)
絞り値 F4.0-5.6F4.0-6.3 F4.0-5.6
質量 約520g 約985g 約210g
最大径×長さ φ73.6mm×約126mm φ約83.0mm×約171.5mm φ61.6mm×約90.0mm
最大撮影倍率 0.21倍(35mm判換算:0.42倍) 0.25倍(35mm判換算:0.5倍) 0.2倍(35mm判換算:0.4倍)
光学式手ブレ補正

 ○

(MEGA O.I.S.)

 ○

(POWER O.I.S.)

 ○

(POWER O.I.S.)

希望小売価格 ¥77,000 ¥230,000 ¥53,500
発売日2010/10/292016/3/102011/10/13

始めは、それまで満足にズームできなかった反動のせいか、とにかく大望遠が欲しかった。

そこでLEICA100-400mmが発売されるとあって待ち構えていたのですが、いかんせん発売当初18万前後という金額。レンズ1本に18万はさすがに躊躇した。そこで結局100-300mm焦点距離の『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』に目が行く。上の表で比較したように価格帯は標準的といえよう。そして重量はペットボトル1本分といったところだ。

実際重量はLEICA100-400mmの約半分ほどになり、そのメリットは大きい。重すぎて使わないのでは宝の持ち腐れとなる恐れもある。価格は当時4万後半。こうして比較していると安く感じてしまう。

次に電動ズーム45-175mmに目が行く。軽いし、価格はもっと安いし、電動ズームで手ブレ補正の性能も良い!(MEGA O.I.S.よりもPOWER O.I.S.の方が性能が上だ。)このレンズはズームレンズでは非常にオールマイティといった印象で優秀なバランスであるのは間違いない。正直もし知人に勧めるのであれば、筆者は『LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 』をお勧めする。実際には換算600mmのズームを体験したかったという動機から『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』購入を決めた。

小さな『GF7』に大望遠レンズ『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』を装着!どうなるか?

開封レビュー

購入時ネットにて最も安かった店舗をチョイス。カメラのキタムラネットショップから購入。

p1120441

梱包はとても丁寧だった。ありがとうキタムラ。

p1120446

新品の中身はこんな感じ。これに説明書と保証書が入っている。

p1120447

レンズキャップとレンズフード、レンズ用の袋が付属されていた。専用のレンズ袋にレンズフードも入るのか?入れる場合はレンズにレンズフードを逆向きに装着すればちょうど収まるようになっているので安心して欲しい。

『LUMIX DMC-GF7』に装着

img_1441

ミラーレス一眼『LUMIX DMC-GF7』につけるとこんな感じになる。カメラ本体が小さいのでバランス的にレンズがかなり大きく感じる。しかし撮影時に重さのバランスが悪くて困るようなことは全くなかった。むしろ「大望遠を構えている。」という満足感を感じる。マイクロフォーサーズレンズの中では重量のある部類に入るが、片手で楽々持てるこの望遠はすばらしくコンパクトだ。焦点距離600mmはフルサイズ規格であれば、バズーカの様に非常に大きく・重い望遠レンズになってしまう。

dsc_4847

真横から見てみる。レンズ下側がカメラ本体よりはみ出てくる。机に置くとカメラ本体が浮く状態になる。

バズーカと言われるようなシグマのフルサイズ対応の最大600mm望遠レンズは重量は3kgほどになる。3kgというと相当覚悟して荷物に加えるレベルになるだろう。個人的には少々遠慮したい重さだ。飛行機・野鳥などの撮影では必要になったくる望遠レベルのため、専業であれば必要なレンズだろう。それでもマイクロフォーサーズのような取り回しの利く軽いものをサブで持つこともありだろう。

合計重量『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』を『LUMIX DMC-GF7』に装着

一眼カメラ本体『LUMIX DMC-GF7』望遠レンズ『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』を装着した重量は1kgをゆうに切ってしまう。カメラ本体236g、レンズ520gで合計756gだ

レンズフード装着

dsc_4975

レンズフードをつけるとこんな感じになる。フード装着の状態でレンズキャップを付けることもできる。

dsc_4972

レンズフードを逆付けすることもできる。この状態でカバンに収納すると良いだろう。

レンズ保護フィルター

今回はレンズ保護フィルターを一緒に購入した。

p1120430

『DHGスーパーレンズプロテクト(67mm径)』というマルミ製の商品だ。

p1120433

レンズと同時に保護フィルターを買ったため、保護フィルター「あり/なし」による画質の違いは検証していない。とにかくレンズの大敵である汚れや傷を防ぐため、新品レンズが汚れてしまう前に購入直後に保護レンズを付けてしまった。

p1120436

スマホの場合は保護フィルターつけない派だが、一眼の交換レンズの場合は新品購入後の場合は慎重になる。スマホは数年で買い替えるものだと思っている。正直2年持てばよい。一眼レフのレンズは場合によっては10年以上使うだろう。

dsc_4872

『DHGスーパーレンズプロテクト(67mm径)』を『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』装着したところ。ピッタリ付いて違和感なし。

dsc_4862

レンズに装着した保護レンズの上からレンズキャップもしっかり付けることができる。レンズキャップの取り外しもスムーズだ。特にグラつきもない。さらにレンズフードもつけられるので問題なしだ。レンズフードの逆付けも問題なかった。

LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.SとGF7での撮影

撮影サンプル。昆虫は近づけば逃げてしまう。望遠レンズの出番だ。

一枚の木の葉で、静かに休んでいたクロスズメバチを撮影。ゆっくり近づいて昆虫が逃げない距離から、十分なズームで撮影が可能だ。

さらに画像を拡大した。昆虫の細部の毛の一本一本まで観察できる。図鑑に載っているような画像を残すことができるのは嬉しい。

さらに高性能レンズ『LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. 』を検証

前述したが、パナソニックのマイクロフォーサーズ用の望遠レンズでは2016年3月に『LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.』が発売されている。価格は18万円近くした。大きな価格の違いがあるため、単純に比較はできないもののやはり気になる。

『LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. 』と『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』の比較

気になるので、スペックの違いを良く見てみよう。

『LEICA 400mm』のほうが、

・画質は良い(パナLEICAレンズ)

重量985g(『LUMIX G VARIO 100-300mm』は520g)

大きい(最大径x長さ:83×171.5 mm、『LUMIX G VARIO 100-300mm』は73.6×126 mm)

・さらに望遠の100-400mm(35mm判換算で200~800mm)

・手振れ補正は優秀(POWER O.I.S.のほうがMEGA O.I.S.より優れている。)

F値は同等

といったところだ。重さと大きさ、それに価格の面でどちらを選ぶかの比較になるだろう。価格が3倍以上なので『LEICA100-400mm』のほうがもちろん性能良い。つまり金額的に許容できれば一度は手にとってみろと言ったところだ。

LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm は秀逸

前述したが、冷静に考えて本当にバランスのよい望遠交換レンズは『LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 』と言えるだろう。大きな望遠が欲しかったので『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』を選んだが、望遠レンズをLumixで買い足す場合に本当に賢明な人はこちらを選ぶのではないだろうか。

『LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 』は、45-175mm(35mm判換算の焦点距離90~350mm)だ。望遠レベルもちょうど良い。大きさ(最大径x長さ:61.6×90 mm)重量(210g)手振れ補正(POWER O.I.S.)の全ての点で優秀な望遠レンズだ。電動ズーム機能を搭載している点が非常に大きい。

電動ズームは動画撮影時に大きな威力を発揮する。

運動会やお遊戯会などで動画撮影の使用を考えている場合は、最も威力を発揮するだろう。ズーミングをしていく場合、動画だと手持ちはものすごいブレるからだ。手持ちの場合はカメラ自体を揺らさずにズームすることは不可能に近い。なのでその場合は三脚をつけて対応することになる。機動性が損なわれるので悩ましい点となる。手持ち電動ズームはその点非常に扱いやすいだろう。

まとめ

Lumixマイクロフォーサーズ望遠レンズの選び方まとめ

静止画・望遠!・手持ちでたくさん動き回る⇒『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』

◇『カネ』なら出せる!・800mm・ライカ!⇒『LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.』

◇望遠も欲しい・動画・かわいい我が子や、ワンちゃんの動画!⇒『LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. 』

『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6/MEGA.O.I.S』は2010年の発売で、価格も手ごろ(5万弱)となってきた。さらに2017.2には手振れ補正がPOWER.O.I.S.へ改善された『LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II/POWER O.I.S.』が発売された。1万円ほど高いがこちらを選ぶこともできる。

超望遠を体験したい点と、手持ちでガシガシ撮影したいといった願望から購入したが、今後どういった写真がとれていくかが非常に楽しみだ。18万円くらいがポンと出せるようになったら『ライカ400mm』を買ってみたいと思っている。本当に必要なものを買いたいという良識?のある方は『G X VARIO PZ 45-175mm』を是非選択肢に入れていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました