大人気マンガ【キングダム全巻セット】を半額で買う方法 CLICK!

【買い切り】可能?パスワード管理アプリStickyPassword

さいちゃん

アプリを使って、楽にパスワード管理をしたい。

毎月料金を払うよりも、1回だけ買い切りパスワード管理アプリはないかな?

さいたぱ

StickyPasswordというアプリがおすすめです。

この記事では、

パスワード管理アプリ(パスワードマネージャー)
  • 複数のパスワードを上手く管理できるパスワード管理アプリの選び方
  • 買い切り型のパスワード管理アプリについて(1度の支払い、永年ライセンス)
  • StickyPasswordのメリット・デメリット、使い方について

上記について解説しています。

StickyPasswordという商品があります。

StickyPasswordは、「買い切り」つまり、毎月料金が発生しない、購入時に1度だけの支払いでOKなパスワード管理アプリです。

買い切り版は、永年ライセンス版ともいいます。

StickyPasswordは、パスワード管理アプリのひとつです(パスワードマネージャーとも呼ばれます)。

パスワード管理アプリを使うと、複数のパスワードを覚える必要がなくなります。マスターパスワードをひとつだけ覚えておけば、すべてのパスワードの管理ができます。

パスワード管理アプリは、毎月課金する料金方式のアプリが多いです。そのような中でStickyPasswordは、買い切り型で手に入れることができるアプリです。

1回料金を払えば、一生使えます。

毎月課金型を選びたくない場合は、候補のひとつとして検討してみましょう。

ちょっとマイナーなアプリかな?

一番定番なアプリは1Passwordです。

一方で、最も有名なパスワード管理アプリは1Passwordです。

1PasswordとStickyPasswordの2択で比較すると近道です。

パスワード管理アプリは、セキュリティに関わる重要なアプリです。そのため『利用者数が多いほうが安心』『最も信頼性の高いアプリを利用したい。』といったユーザーも多いです。そういった場合は、1Passwordが第一候補となってきます。

アプリ支払方式同期方式
1Passwordサブスクリプション定額課金クラウド
1Passwordスタンドアロン買い切りローカル
※同期にはDropboxなどが必要
StickyPassword1年版1年ライセンスクラウド
ローカル
※Wifiローカル同期が可能
StickyPassword
ライフタイム
買い切り
(永年ライセンス)
クラウド
ローカル
※Wifiローカル同期が可能

1Passwordにも買い切り版(スタンドアロン)があります。

1Password(スタンドアロン)では、1Passwordが提供するクラウドがありません。複数の端末間でパスワードを同期させる場合には、DropboxやiCloudを利用する必要があります。

そのため、1Passwordは、基本的には、毎月課金する料金方式(サブスクリプション版)を利用しているユーザーが多いです。

1Passwordの場合、サブスクリプション(定額課金)がおすすめです。

StickyPasswordは、買い切り版においても、ローカル同期とクラウド同期をどちらも設定ひとつで選択できます。ローカル同期においてはWifi同期も可能です。同じWifi上につなげた端末間での同期が可能です。

(強固な暗号化がされているとはいえ、)クラウド上にパスワード情報を上げるのに不安を感じる、といった場合に、自宅のWifiのみに制限した同期操作を選択することも可能となります。同期設定に融通が利く点がStickyPasswordのメリットとなります。

StickyPasswordデメリットは、1Passwordよりも知名度が低いという点です。

1Passwordの購入先で最も安いのは、ソースネクスト(ソフトウェアを多く扱っているネットショップ)からの購入です。3年ライセンス版があります。楽天やAmazonからは購入できません。

1password(ソースネクスト3年版)

ソースネクスト版(3年版)の価格をチェックすると、公式価格より1,760円(税込)ほど安いことが分かります。

スポンサーリンク
目次

パスワード管理アプリを使用する利点は?

そもそもパスワード管理アプリを利用する利点は大きく2つです。

  1. マスターパスワードのみ覚えればいい。
  2. パスワードジェネレーターを使って、パスワードを簡単に強化できる。

①マスターパスワードのみ覚えればいい

最大の利点は、ゴチャゴチャしていたパスワードを複数覚える必要がなくなる点です。スマホからもPCからもストレスフリーでログインできるようになります。作業が格段に速くなります。

②パスワードを簡単に強化できる

パスワード管理ソフトを導入したら、パスワードを一新するといいでしょう。

複数のアカウントで使いまわしていたパスワードは、アカウントごとにそれぞれ別のものにするべきです。

そして、強度の高いパスワードを設定するようにしましょう。

Sticky Password

パスワード管理ソフトには、パスワードジェネレータの機能が付いています。自動で好みの文字数・文字種で強度の高いパスワードを簡単に作ることができ、セキュリティ強度の強いパスワードで管理できるようになります。

Sticky Password|4つのメリット

StickyPasswordの主なメリットをまとめると、下記の4つです。

Sticky Passwordのメリット
  1. 永年ライセンス(買い切り版)がある(毎月/毎年の料金が発生しない)※利用台数無制限
  2. フリー版のパスワード保存数が無制限(有料版も無制限です)
  3. 好みによって、ローカル同期が使える
  4. 対応OS、対応ブラウザが多い
    • PCは、WindowsとMacに対応。スマホはAndroidとiOS共で使えます。
    • ブラウザは、Firefox, Chrome, Internet Explorer, Safari, Operaに対応しています。

①買い切り版(永年ライセンス)がある

冒頭でも述べましたが、買い切り版があります。毎月の支払いがなくなるのは、永く利用すればするほどコスト面でメリットが大きくなります。

  • 有料1年版 Sticky Password:公式サイトからの購入
  • 有料 永年ライセンス Sticky Password:アマゾンや楽天から購入できる
  • 無料版 Sticky Password

Sticky Passwordの公式ページでは、1年ライセンス版を販売しています。2,000円程度です。

Amazonや楽天では、永年ライセンス版の購入ができます。4,500~6,000円程度です。

無料版は機能が制限されます。複数端末での同期や、クラウド上のバックアップ機能などの機能が制限されています。

有料版は台数無制限で使え、自動同期が可能です。同期はWifiのみに制限するか、クラウド上にデータを保存して同期する設定が選べます。バックアップ機能が使えます。

同期設定しておくと、スマホで追加登録したパスワードが、自動でパソコンにも保存されて便利です。

②フリー版のパスワード保存数が無制限

最もメジャーなパスワード管理アプリである、1Passwordのフリー版では、パスワード保存数は20個までです。

フリー版のパスワード保存数
  • StickyPassword:無制限
  • 1Password:20個まで

また、その他のほとんどのアプリでも、フリー版は保存数に制限があります。

Sticky password free(フリー版)はパスワード保存数に制限がありません。フリー版と有料版との大きな違いは、同期操作の可否だけです。

フリー版では、購入する前に30日間無料体験ができます。無料体験では有料版(Sticky Password Premium)と同じ機能が使えます。複数のデバイスでの利用を考えている場合は、この期間の間に同期操作を試してみることができます。

③ローカルなWifi経由で同期ができる。同期無効・ローカル同期・クラウド同期:選択は簡単です。

同期設定を簡単に選択・操作することができます。

DropboxやiCloudといった、クラウドサーバーは広く使用されていますが、100%それらの安全性を信じることの可否は、意見が分かれるとこです。

Sticky Passwordでは、クラウドサーバーを使わない同期設定の選択が可能です。

クラウド同期では、複数の端末でパスワードを同期させていく場合、ソフト管理会社の持っているサーバーにデーターが保存されます。

万が一、そのサーバーが攻撃を受け、データ流出してしまう事故が想定されます。(データは暗号化されているためデータ流出=即パスワードが他人に分かってしまうとはならないですが。)

Sticky Passwordのローカル同期で、自宅内Wifi環境内のみでデータをやり取りすることができます。

このローカル同期を選択しておけば、上記のような理由でパスワードデータが流出することはなくなります。同期作業が終わったら、普段は同期を無効にしておけばよいでしょう。同期無効設定は簡単にできます。

Sticky Password
  • 同期を無効
  • ローカル同期(Wifi同期)
  • クラウド同期

3つの選択肢から選択しましょう。

④マルチディバイス対応。パソコン、タブレット、スマートフォンに対応。ブラウザは、Firefox, Chrome, Internet Explorer, Safari, Operaに対応しています。

満たしていて当たり前の条件ですが、普段使っているブラウザに対応していることが重要です。事前にチェックしておきましょう。

ブラウザは、 Internet Explorer(IE)、Chrome、Firefox、Safari や、Operaにも対応しています。

設定は簡単です。

メニュー⇒設定⇒対応ブラウザ の画面より、StickyPasswordで使用したいブラウザを対応させることができます。下記の画面でインストールボタンを押しましょう。

Sticky Password

有料版(Sticky Passwordプレミアム)と無料版(Sticky Passwordフリー)の違い。

StickyPassword公式ストアより引用

無料版と有料プレミアム版の違う点についてです。

大きな違いは、デバイス間の同期が可能かどうかです。

ローカルWifi同期は非常に便利ですが、有料プレミアム版のみの機能となっています。ただし初めてSticky Passwordをインストールして設定すると、30日間、プレミアム版のお試し期間があります。

このお試し期間のうちに、全てのパスワードの設定をすませて、自分の持っているデバイス(iphoneやAndroidタブレット、PC)を同期させてしまえば、無料版のうちに、現在使っているパスワードの管理設定をしてしまうことができます。

お試し期間が過ぎた後は、管理するパスワードが増えた場合は、デバイスごとに手動で入力していく必要が発生します。

それで十分な場合はそのまま使ってもいいかもしれません。もし自動同期が使いやすく、手放せなくなってしまった場合に、プレミアム版の購入となるでしょう。

パスワードジェネレーターの利用

パスワードジェネレーターは、自動でランダムでパスワードを作ってくれる機能です。

この機能はSticky Password以外の、他のパスワード管理ソフトでも、標準で付いている機能でしょう。

Sticky Passwordでは無料版でも有料版でも、パスワードジェネレーターを使うことができます。99桁までのパスワードが作成できます。

Sticky Password

文字数を設定して、生成ボタンを押せば、強度の高いパスワードが簡単に作成されます。ジェネレーター作成して、パスワードを使いまわさないようにしましょう。

データ暗号化は軍事レベル

Sticky Passwordのデータ暗号化は、世界最強の暗号化標準である AES-256 が使われています。

  • AES:米国国立標準技術研究所(NIST)が政府の標準暗号方式として選定した暗号鍵
  • AES-256:AESの中で最も長く、安全性が高いとされる。256ビットのAES。

AES-256は、政府及び軍隊で使用されている暗号化標準と同様のものです。

全て日本語対応されている

Sticky Password

パスワード管理ソフトの中には、日本語対応が未対応のアプリもあります。

Sticky Passwordは、パソコンでもスマホでも日本語されています。

30日間の無料プレミアムライセンスが終わった後どうなるか?

Sticky Password

30日経過してSticky Passwordを立ち上げると、上のような画面が出てきます。

無料版のままでも、先に登録していた情報は全て残っているので、そのまま使うことができます。登録数制限がかかるといったこともないです。

無料版では同期無効のステータスが維持されます。

Sticky Password

無料版のままでも、アップデートの通知はきますので、アプリの更新は可能です。

複数の端末を使っていて、同期機能を利用したい場合は、プレミアムライセンスを購入するとアップグレードが可能です。

amazonよりプレミアム版をダウンロード購入した場合のライセンスキーの確認のしかた

amazonよりダウンロード版のプレミアム版(永年版)を購入した場合、amazonのウェブページよりライセンスキーを確認して入力しましょう。

購入後、amazon製品ページをみると購入済みと表示されます。(このページから何度でも再ダウンロードが可能です。)

ライセンスキーを確認するには、ゲーム&ソフトダウンロードライブラリをクリックします。するとライセンスキーが表示されます。

次にSticky Passwordを起動させて、画面右上のメニューライセンスキーを入力とクリックします。キーを入力すれば完了です。

同期している他の端末(同期しているスマホやPC)にも自動反映され、プレミアム版で使用できるようになります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブログ・投資・ポイント副業を軸に、脱サラを目指しています。
マンガ好き|ポイント集めが好き|FXトレードが好きで、FX歴は10年を超えます。
リタイヤを目標に不労所得を模索➡分散投資・ブログ・ポイ活・あらゆる副業をスローペースで試行錯誤中です。
★<ポイ活>ポイント獲得実績
~2021年9月:通算782,025ポイント(円換算)
★<副業月収>最高7万円

コメント

コメントする

目次
閉じる