オートレストラン『鉄剣タロー』『オートパーラー上尾』は埼玉の隠れ名所。レトロ販売機でうどん・そば・ハンバーガーを食べて昭和を味わおう。

game

静かなブーム?懐かしの自販機の聖地オートレストラン『鉄剣タロー』に行ってきた

オートレストランとは自動販売機により食品・食事の販売を行っている施設だ。まだ世にコンビニのない時代、長距離ドライバーなどの貴重な休憩所であったり食事処であったのだろう。通常は無人で、鉄剣タローも基本無人で営業している。(まれに経営しているおばちゃんを見かける。)どちらかというご子供向けではなく大人向けスポットで、(※成人向けという意味でなく。)昔なつかしの雰囲気が楽しめるスポットだ。

鉄剣タローの場所

場所は埼玉県行田市下忍315-1だ。
行田市下忍という地名、『下忍』は「げにん」ではなく、「しもおし」と読む。最初は「ゲニン、ゲニン・・」とカーナビで検索してしまった。上忍とか下忍という単語は漫画の中だけのようだ。

s-dsc_1008

国道17号沿いにある『鉄剣タロー』。周囲には建物がまるでない場所に存在している。他に目立つ建物がないため、きちんとカーナビで狙いをつけて行こう。目印がないので簡単に通り過ぎてしまうので注意が必要なのだ。

定休日なしの24時間営業

s-dsc_1543

『鉄剣タロー』建物内部の照明はピンク紫。何故こんな色なのかは不明だが、夜の時間帯に行くことができれば、この独特の感じを堪能することができる。深夜だと人気がないので雰囲気があって良い。

定休日がない(24時間営業)ので時間を気にする必要はない。特に明確なあてのないドライブの目的地・中継地のひとつとして使いやすい場所である。無目的な気だるい余暇を過ごすために、埼玉有数のディープスポット鉄剣タローを利用しよう。

s-dsc_1563

平日の夜中は特にひと気がない。一方、休日前や時間帯によってはなかなか混んでいることもある。奥には自販機が並び、レトロゲーム機が設置されている。

s-img_5494

レトロな照明がいい雰囲気を出す。手入れは行き届いており、管理人がきちんとしているのが分かる。

並んでいる自販機は、完全に全てではないがちゃんと稼動している。管理者の書いたであろう注意点や、説明の張り紙がたくさん貼ってあるので良く読んでおこう。

アイスの自販機は行楽地などで今でも見かけることができるものだ。奥にはレトロ自販機の聖地『鉄剣タロー』に特長的な古い機種が並んでいる。アイスの左隣の黒い機種は両替機だが、この両替機は現在は稼働していなかった。(別の場所に稼働中の両替機がある。)

トーストサンド、ハンバーガー、うどんの自販機と並んでいる。この3台が目的の自販機である。

スポンサーリンク

鉄剣タローのレトロ自販機 童心にかえりつつ大人買いをしよう

うどん自販機

s-p1050520

メイン自販機のひとつ。うどん自販機(300円)だ。このディスプレイが記憶に残っている諸兄の方もいるだろうか。

s-p1050521

子供時代、親と行った行楽地にて見た記憶が、まだ残っているだろうか。食べたかったものの買ってもらえず。小遣いも足りず。断念した思い出があるだろうか。大人になったいまこそ、好きなだけ大人買いできるのである

s-dsc_1552

残念だが『鉄剣タロー』ではソバは食べることはできない。うどんのみの販売だ。同機種のソバが食べたい場合、『オートパーラー上尾』に行こう

上の写真では、混ぜてしまったので天ぷらが崩れている。天ぷらうどんだ。天ぷらは毎回少し具の中身が違うことがあるようだ。貼り紙をみると「仕入れ状況によって変わる」と記載されている。うどんはソフト麺でいたってフツーの味のはずである。しかしそこは思い出補正がかかるため、時を越えて、味わい深いに違いない。堪能しよう。

ところで、天ぷらうどんは夏場はメッチャ熱い。自販機から出てきたうどんをテーブルに運ぶ際には、用意されているお盆を使おう。それから汁は下の方が濃く、上は薄い。好みで混ぜよう。

そして冬場のすごく寒い時期は、若干冷たいうどんと熱いうどんが混在している。混ぜて食べよう。この機種の癖なのだろうか?それとも当時の機種の限界なのだろうか。古くなったため性能が落ちているのか?詳細は不明だが、知りたければ夏と冬に2度訪れるべきだ。

トーストサンド自販機

s-img_3705

トーストサンド(220円)。これを見て同じように、買いたくても買えなかったあの頃を思い出す。大人買いできるほどに歳を重ねた我々は、今なら遠慮なくコインを投入しまくることができるのだ。

s-dsc_1569

ピンクがかっているのは照明のためだ。アルミホイルで覆われたトーストサンドは、これまたメッチャ熱いので注意しよう。熱すぎて若干キレ気味に「アッツ!!!」とか叫んでテーブルに叩きつけていたほどだ。くれぐれも火傷に注意だ。中にはプレスされたパンにチーズとハムがサンドされている。

味は予想外に旨い。同じものが家庭で作れそうで作れないかもしれない。この場所でしか食べれないという特別感を感じよう。

チーズバーガー自販機

s-img_5491

『鉄剣タロー』に来たらかならず食べよう。チーズバーガー(220円)の自販機。これはもういかにも美味そうなディスプレイのバーガーの写真だ。少年時代、物欲しそうにずっと自販機の前で立ち尽くしていたのを思い出す。

s-dsc_1551

コインを投入すると箱ごと暖められた状態で出てくる。パッケージデザインが秀逸だ。

s-img_3197

バーガーの中には2cmほどの厚みのある肉が入っている。某ハンバーガーチェーンの薄っぺらい肉に比べたら雲泥の差である。味は文句なしに旨い。

s-dsc_1001

製造元はマイケル食品という。伊勢崎市は群馬県だが、埼玉県行田市からは近いのだ。

その他ゲームなど

s-dsc_0991

なにやら変わったゲームを発見。普段は電源プラグを抜いているため自分でコンセントを挿して遊ぶ必要がある。挿して使ってと張り紙にも書いてあるのだ。

s-dsc_0992

駄菓子屋やゲームセンターに置いてあったのを見た覚えがあるだろうか。現在いくつかの行楽地で稼動しているだろうか。

s-dsc_0995

鉄剣タロー販売店。今はもう閉店している。以前は雑貨やグッズなどを取り扱うお店があったようだ。

オートパーラー上尾

オートーパーラー上尾の場所

場所:埼玉県上尾市久保70-2

鉄剣タローに行ったら、17号沿いにあるオートーパーラ上尾にもいってみよう。オートレストランとオートーパーラ。特に明確な違いはない。

オートパーラー上尾でそばとうどんを食べ比べ

s-img_3703

『オートパーラー上尾』には、『鉄剣タロー』に設置してあるものと同機種のうどん自販機が置いてある。

s-img_3706

『オートーパーラー上尾』では、うどん・そば両方を購入することができる。

名物『コーンビーフ味トーストサンド』

s-img_3705

『オートーパーラー上尾』もトーストサンドを購入できる。

s-img_3707

『鉄剣タロー』にはない味の、コンビーフ味だ。

s-img_3710

同じようにアルミホイルに包まれ出てくるトースト。

s-img_3709

中にはコンビーフが入っている。これは開くと少々見た目が悪い。画像では全く伝わらないが美味であるとコメントする。是非自分でその味を確かめてみよう。また、ここでしか味わえない特別感を楽しもう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました