LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.|Lumixミラーレス一眼におすすめのレンズ

買い物
この記事は約5分で読めます。

パナソニックGシリーズの単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.」ってどんなレンズ?

「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.」は、F1.7の明るさにもかかわらず115gという軽さが魅力のマイクロフォーサーズ 単焦点レンズです。パナソニックのミラーレス一眼、Gシリーズのレンズです。

マイクロフォーサーズはなんといっても軽量コンパクトな点が最大の利点です。この規格を使っていると軽すぎて普通の一眼レフには戻れません。

さらに軽さを追求して、パナソニックのLumix Gシリーズである、DC-GF7、DC-GF9、DC-GF10、DC-GF90あたりと組み合わせると、最軽量のマイクロフォーサーズミラーレス一眼が実現します。

とにかく全体重量の軽さも追求。ミラーレス一眼に買い足して楽しめる、いい感じの単焦点レンズだよ。

この記事では、Gシリーズで使う単焦点レンズの「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.」ってどんなレンズか?標準レンズと比べています。

※2019/10/17に焦点距離25mmのF1.4の明るさの単焦点レンズが発売されました。「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH.」です。開放F値1.4にも関わらず、Amazonでも価格帯がさほど変わらず\45,000くらいです。近い条件のレンズなので今ならこちらの単焦点レンズも比較しておきたいです。

スポンサーリンク

パナソニックLumixのマイクロフォーサーズ用の交換レンズ|3種類の比較

dsc_4825

画像左から、①②③と並べています。

  • ①LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
  • ②LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S
  • ③LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.

①②はダブルズームキットのレンズとして買ったものです。標準ズームレンズで、これ2本で普段使いの焦点距離を問題なくカバーできます。ミラーレス一眼『LUMIX DMC-GF7』や『GF9』のダブルズームキットに付属してくるレンズで、合わせて購入するとコスパが良くなります。

3種のレンズを比較すると、どれも非常にコンパクトです。3種すべてカバンに入れて持ち歩いてもほぼストレスになりません。

③が単焦点レンズのLEICA SUMMILUXです。正式名称はLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. F値が1.7なので非常に明るい写真がとれます。上↑画像では、レンズ保護フィルターをつけている状態です。

重さと大きさ

dsc_4835

重量は左から順に、70g、135g、115gです。

長さは、24mm、50mm、36mm(※レンズ先端からレンズマウント基準面まで。レンズ鏡筒収納時)です。どれも非常にコンパクトだし軽いです。

名称メーカー
希望小売価格
(税抜)
重さ最大径×長さ
LUMIX G VARIO
12-32mm/F3.5-5.6
ASPH./MEGA O.I.S.
標準
ズームレンズ
42,000円約70gφ55.5mm×約24mm
(レンズ収納時)
LUMIX G VARIO
35-100mm/F4.0-5.6
ASPH./MEGA O.I.S
標準
望遠レンズ
52,000円約135gφ55.5mm×約50mm
(レンズ収納時)
LEICA DG SUMMILUX
15mm / F1.7 ASPH.
ライカ
単焦点レンズ
70,000円約115gφ57.5mm×約36mm
LEICA DG SUMMILUX
25mm / F1.4 II ASPH.
ライカ
単焦点レンズ
※2019.10発売
75,000円約205gφ63mm×約54.5mm

レンズフードの比較

dsc_4833

レンズフードがついた状態を並べてみました。

一番左の標準ズームレンズ『12-32mm/F3.5-5.6』にはフードを付けることはできません。

右の『LEICA 15mm/F1.7』のレンズフードは金属製でかなり高級感があります。

真ん中の望遠ズームレンズ『35-100mm/F4.0-5.6』のレンズフードは金属製でないため比較するとチープな印象になります。その分軽いですが、実際の重さの差は気になるほどではありません。

dsc_4836

望遠ズームレンズ『35-100mm/F4.0-5.6』(画像真ん中)のフードは逆につけることができます。カバン収納時はこういった状態です。さらにその状態でレンズキャップもつけることができます。

dsc_4837

『LEICA 15mm/F1.7』にはレンズキャップとは別に、レンズフードの上から取り付け専用のゴム製キャップがついています。ゴム製でパコッとつく感じです。

よくできていて移動しながらの撮影時に重宝します。着脱がとてもスムーズにできます。野外では砂やほこりの付着・混入が気になり、頻繁に付け外しを行うのでかなり便利です。

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.とカメラ本体の合計重量

現在カメラとレンズのメインの組み合わせをLumixのミラーレス一眼『GF7』本体と、単焦点レンズLEICA 15mm/F1.7としています。

全体重量が351gとなります。GF7本体は236gでレンズが115gです。

レンズカラーは、シルバーとブラックの2色が用意されています。シルバーで統一できるので、GF7やGF9に装着するとしっくりきます。

ちなみにiPhoneの重量は130g~200gほどです。

これだけの軽さでミラーレス一眼が楽しめるところに大きな利点を感じます。明るさ・ぼけ味、画像のシャープさのバランスが良く気に入っています。

p1070838

外出のたびに持ち歩くことができるお散歩カメラとして威力を発揮します。

p1110156

焦点距離がF1.7の明るい撮影ができるので、満足感がとても高いです。撮影可能範囲は0.2mと結構近づけ、スナップ写真として威力を発揮するレンズです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました