EXコインの買い方|EXコインを追加購入したので口座をさらします

資産運用
この記事は約7分で読めます。

このページではEXコインを買って、リアルな口座状況を記事にしています。

EXコインとは?
  • オックスフォード卒の世界的な超有名金融ファンドマネージャー房広治氏と、Suicaに使われているFeLiCaカードを作った元ソニーの日下部進氏が共同開発した、仮想通貨です。
  • 売りが入って価格が下がっても、買い支えられるしくみとなっているため、50%以下の値にならないという特徴をもっています。
さいたぱ
さいたぱ

日下部進氏は、Suica(スイカ)に利用されているFeLiCa(フェリカ)を開発したことで有名な人だね。


—–

(2021年1月24日:追記)

EXコインは、2020年11月ごろから徐々に値が下がりました。

しかしその後、一気に価格が戻っています。

EXCUSDチャート(EXコイン/米ドルのチャート)では、

12月11日くらいが底で、

7,000ドルくらいまで下がりました。

取引の板が非常に薄いので、一概に「7,000ドルまで落ちた」と言えるのかは微妙です。

ただ、これらの価格で取引した人がいた、ということですね。

12,000ドルの半値は6,000ドルです。

割と買い時だったのではないでしょうか。

チャートを拡大するとこんな感じです。

現在は、12,313ドルまで戻ってきていますね。

今後また下がったら、EXコイン追加購入のチャンスです。

上↑画像のように、ボクは現在、1.008EXCをホールドしています。

ドル換算で約12,411ドルです。

現在1ドル103.7円なので、128.7万円分となります。

  • 128万円分のEXコインが今後どうなるのか?
  • 今後も、このブログで報告していきます。

またもや、半値になってしまうのか?

もしくは、半値以下になって消えてしまう、なんてこともあり得るの??

それとも数十倍・数百倍にあがってしまうのか?

今後、EXコインはどうなるのか分かりませんが、

いつの日にか爆上がりすると予想しつつ、

このままホールドしていきたいと思います。

追記は以上です。


————–

この記事(本編)では、10万円を使ってEXコインを買ったときの記録です。

10万円で何コイン買えるのか

それから手数料はいくらだったか

それぞれ計算してみました。

自分の口座をさらして記事にしています。

スポンサーリンク

まず楽天銀行からBigboss口座へ【国内銀行入金】を使って入金。海外送金手数料は?

結論から先に書くと、前回の5万円を送金したときは480円くらい、今回10万円を送金した場合は920円分くらい送金手数料がかかるイメージです。

そのときの正規のドル円レートに比べて、銀行の海外送金におけるドル円レートは若干高めに設定されています。

その差があるため、損する(=送金手数料が発生する)と考えておきましょう。

自分なりの取引時の計算なので、すべての取引において保障するものではないです。

あくまで参考値としてお考えください。

計算上、送金金額の0.9%~1.0%分くらいとなっていました。

手数料0とはならないので、まあしょうがないかな?といった感じですね。

結論
  • Bigboss口座への入金には、入金額の1%くらいの手数料が発生する。

以上でこの記事で書くことは終了なんですが、

あとは計算の過程と、EXコインの購入記録を書いていきます。

もうすでにBigbossの口座をお持ちの方は分かるのかもしれませんが、

最近クレジットカード入金がずっとメンテナンス中で使えないようです。

僕の場合は、Bigboss口座を開設した当初から使えない状態だったので、まだ一度もクレジットカード入金をしたことがありません。

できるようになったら試してみようと思っています。

クレジットカード入金ができないので、前回の初EXコイン購入時と同様に国内銀行入金を使って入金しました。

今回は10万円を使っています。前回は5万円だったので、そのときと比べると最終的な手数料は倍になるはずです。確かめてみます。

まずドル円レートはだいたい108.8円くらいでした。2020年の4月8日です。

レート変動があるので、ドル口座への送金金額はレートによって変動します。

ドル口座へ送金するため、

支払う日本円で買えるEXコインの量は、ドル円レートによって変動します。

なるべく円高の(=円の価値が高い)ときにドル口座へ入金するのがベストということになりますね。

ドル円の動きがハッキリ読めるならいいのですが、明日が円高になるか?円安になるか?は完璧には分からないです。

なので、とりあえず成り行きで入金していきます。

Bigbossのホームページから国内銀行入金について書いてあるページに行きます。

そのページの案内に従って、指定の口座へ振り込みます。

自分の楽天銀行口座⇒Bigbossの法人用の楽天銀行の口座へ振り込みます。

振込手数料については5万円以上の振込は振込手数料無料となります。

上画面のように入金後の金額は911.20ドルでした。

ただ、もともと口座に0.62ドルあったので、実際は910.58ドル入金されたことになります。

10万円送金しましたので、そこから計算すると109.82円のレートで送金された、ということが分かりました。

その時間の一般的なレートは約108.81円だったので、一般的なレートより1円分くらい不利なレートとなっていました。

これは手数料として発生している、と考えるべきでしょう。

108.81円のレートで計算すると、入金した910.58ドルの円換算は、

910.58×108.81=99080.2円です。

10万円が99080.2円に減ったので、

差額の920円分、つまり10万円に対して「0.92%ほど送金手数料が発生する」といったイメージで考えればOKです。

ちなみにクレジット入金でも1%手数料はかかります。

納得できれば全然問題ないです。

EXコインを買ってみた|ドル口座からEXコインを購入

なにはともあれ、ドル口座に入金できました。

これで、EXコインを買えるだけ買おうと思います。

911.2ドルが口座にあります。

このときレートをみると、1EXCあたり12269.0USDでした。

なので、まずPriceの入力欄に12269USDと入力します。

次に、Totalが911.2ドルに近くなるように、Amountを増やしていきます。

Amountを0.0742とすると、Totalが910.3598000・・となり、手持ちのドルで目一杯のEXコインが買えることになります。

準備ができたらBuyボタンをおして購入します。

あれ?なぜか買えないときがあります。

こういったときは、Amountを1ポイント下げてみてください。

同時にAvailable(利用可能のドル=手持ち資金)の数字もチェックできますので、合わせて確認しましょう。

上記画面がでれば無事に購入完了です。

僕は注文してしまったのですが、0.01未満の単位では買えないという情報もあるので0.001の単位(0.001個のEXコイン単位)での注文は避けといたほうが無難かもしれません。

0.001コインは買えないけれど、0.011コインなどは買えるってことなのか?

でもオーダーブックのSELLのところで、小数点3桁目がゼロ以外の数字になっているのをみかけませんね。

オーダーブックのBuyのところでは注文を出しているひとはみかけるのですが、どうなのでしょう?

どうも慣れないので分からないことが多いです。これから何回か注文して実践的になれていきたいですね。

分かってきたらまた記事に書こうと思います。

とにかく、0.0741×12269.0 = 909.1329ドル分で、トレードしたことになります。

なにはともあれ、今回0.0741EXコインが購入できました。

これで口座の合計EXCは上記のようになりました。

今後も少しずつ買い足していく予定です。

現在のところ、1コイン分を目標にすると、135万円くらい口座へ用意すればOKです。

すこしずつ増やしてEXコインを応援していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました