大人気マンガ【キングダム全巻セット】を半額で買う方法 CLICK!

抗うつ薬まとめ|種類と一覧|比較と使い分け

さいたぱ

抗うつ薬の分類をまとめているページです。

抗うつ薬における第一選択は、SSRI,SNRIから1剤を選択。

8週使用で無効なら、別のSSRI or SNRIが第二選択。第三選択は三環系。

部分反応なら強化薬(炭酸リチウム、T4、アリピプラゾール)を上乗せします。

双極性障害に抗うつ薬を使用すると、悪化するおそれがあります、慎重投与。

スポンサーリンク
目次

S-RIM|NaSSA|SNRI

薬名成分抗うつ薬分類受容体適応注意点特徴禁忌
トリンテリックスボルチオキセチンS-RIMセロトニン再取込阻害
セロトニン調節剤
うつ病
うつ状態
リフレックス
レメロン
ミルタザピンNaSSA
鎮静系
α2遮断(主作用)
セロトニン2A・2C・3遮断
ヒスタミンH1遮断
うつ病
うつ状態
・眠気、転倒に注意。
運転禁止
・SSRI・SNRIと併用(カルフォルニアロケット)可能。効果は相乗効果(5-HT↑、NA↑、ドパミンも↑)あり・なしの主張がある
・吐き気、性機能障害:比較的少ない
エフピー
エクフィナ
アジレクト
イフェクサーベンラファキシンSNRIセロトニン/ノルアドレナリン再取込阻害うつ病
うつ状態
初期のめまい/ふらつき、吐き気対策・低用量:NA↑<セロトニン↑
・高用量:セロトニン↑<NA↑
・低用量からシャープに効くことあり
サインバルタデュロキセチンSNRIセロトニン/ノルアドレナリン再取込阻害うつ病、うつ状態
糖尿病性神経障害
慢性腰痛症
変形性関節症
線維筋痛症
初期のめまい/ふらつき、吐き気対策・NA↑<セロトニン↑
トレドミンミルナシプランSNRIセロトニン/ノルアドレナリン再取込阻害うつ病
うつ状態
初期のめまい/ふらつき、吐き気対策・セロトニン↑<NA↑
・他のSNRIよりマイルド。飲み始め吐き気少ない傾向
・高齢者最大60mg(排泄遅延)
デジレル
レスリン
トラゾドンSARI
鎮静系
・セロトニン再取込阻害(弱め)
・セロトニン2A/2C遮断
・α1遮断
・H1遮断
うつ病
うつ状態
高齢者で持ち越し効果(通常半減期6h)・抗コリン作用少ない。
・鎮静効果強い:睡眠薬として使う。
・不眠に期待してよく使う。
・SSRI/SNRI無効の抗うつ
・SSRIのアクティベーション(不眠/不安/焦燥感)例に。
テトラミドミアンセリン四環系
鎮静系
・α1/α2遮断
・セロトニン2A/2C/3遮断
・H1遮断
うつ病
うつ状態
・強力なα2遮断作用で抗うつ効果。
・抗コリン少なめ高齢者に使いやすい。
・不眠に期待してよく使う。
・SSRI/SNRI無効の抗うつ
・SSRIのアクティベーション(不眠/不安/焦燥感)例に。
テシプールセチプチリン四環系
鎮静系
うつ病
うつ状態
テトラミドと同じような作用(化学構造似ている)
テトラミドより抗H1弱い
S-RIM|NaSSA|SNRI

受容体の作用

受容体効果(副作用)副作用
ノルアドレナリン(NA)意欲改善
不安改善(=セロトニン)
活動性(=ドパミン)
尿閉
血圧上昇
ドパミン興味楽しみ/意欲/気力回復
活動性(=NA)
ドパミンD2抗うつ効果
食欲不振改善
高プロラクチン血症
パーキンソン症状
心血管系に影響しにくい利点。
眠気でにくい利点。
セロトニン2A遮断抗うつ効果
セロトニン2C遮断抗うつ効果
セロトニン3遮断
アドレナリンα1遮断鎮静効果
アドレナリンα2遮断抗うつシナプス前α2アドレナリン自己受容体遮断で、脳アドレナリン遊離↑
ヒスタミンH1遮断眠気
食欲増進(体重増加)
抗コリン作用便秘/口渇
性機能障害
σ1作動性作用抗不安作用フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、セルトラリン(ジェイゾロフト)
COVID-19患者の炎症重症化を抑制?
受容体の作用

SSRI

SSRIは第一選択薬。抗不安作用あるため、うつ以外の適応あり。

副作用で頻度が高いのはセロトニン賦活による下痢・吐き気です。一時的な場合はほとんどで、1~2週間で減少することが多いです。制吐薬・胃腸薬併用検討する場合もあります。

薬名成分抗うつ薬分類受容体適応注意点特徴禁忌
レクサプロエスシタロブラムSSRI・セロトニン再取込阻害(主作用)・うつ病/うつ状態
・社会不安障害
・吐き気・初回より10mgで増量が不要
・効果実感早い
・12-17歳で効果実証あり(慎重投与)
・ジェイゾロフトに次いでSSRIで副作用少ない
MAO阻害薬
ジェイゾロフトセルトラリンSSRI・セロトニン再取込阻害(主作用)
・ドパミン再取込阻害
・σ1アゴニスト作用(抗不安作用)
・うつ病/うつ状態
・パニック障害
・外傷後ストレス障害
・吐き気(SSRIで一番少ない)・SSRIで最も副作用少ない
・相互作用少ない
・ドパミン作用で意欲・食欲改善が期待できる
MAO阻害薬
パキシルパロキセチンSSRI・セロトニン再取込阻害(主作用)
・ノルアドレナリン再取込阻害
・抗コリン作用(弱い)
・うつ病/うつ状態
・パニック障害
・強迫性障害
・社会不安障害
・外傷後ストレス障害
吐き気・他のSSRIより抗コリン系副作用でやすい
・賦活症候群(アクティベーション)、中止後症候群(ゆりもどし現象)リスクが他のSSRIより高め(代謝回転)
・高用量で意欲も改善する(NA作用)
※CR錠は神経症への適応なし。
MAO阻害薬
デプロメール
ルボックス
フルボキサミンSSRI・セロトニン再取込阻害(主作用)
・σ1アゴニスト作用(抗不安作用)
・うつ病/うつ状態
・強迫性障害
・社会不安障害
・吐き気
車運転禁止
・1日2回服用ロゼレム
テルネリン
エフピー
オーラップ
MAO阻害薬
SSRI

SARI|四環系

薬名成分抗うつ薬
分類
受容体適応注意点特徴禁忌
デジレル
レスリン
トラゾドンSARI
鎮静系
・セロトニン再取込阻害(弱め)
・セロトニン2A/2C遮断
・α1遮断
・H1遮断
うつ病
うつ状態
高齢者で持ち越し効果(通常半減期6h)・抗コリン作用少ない。
・鎮静効果強い:睡眠薬として使う。
・不眠に期待してよく使う。
・SSRI/SNRI無効の抗うつ
・SSRIのアクティベーション(不眠/不安/焦燥感)例に。
テトラミドミアンセリン四環系
鎮静系
・α1/α2遮断
・セロトニン2A/2C/3遮断
・H1遮断
うつ病
うつ状態
・強力なα2遮断作用で抗うつ効果。
・抗コリン少なめ高齢者に使いやすい。
・不眠に期待してよく使う。
・SSRI/SNRI無効の抗うつ
・SSRIのアクティベーション(不眠/不安/焦燥感)例に。
テシプールセチプチリン四環系
鎮静系
うつ病
うつ状態
テトラミドと同じような作用(化学構造似ている)
テトラミドより抗H1弱い
SARI|四環系
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブログ・投資・ポイント副業を軸に、脱サラを目指しています。
マンガ好き|ポイント集めが好き|FXトレードが好きで、FX歴は10年を超えます。
リタイヤを目標に不労所得を模索➡分散投資・ブログ・ポイ活・あらゆる副業をスローペースで試行錯誤中です。
★<ポイ活>ポイント獲得実績
~2021年9月:通算782,025ポイント(円換算)
★<副業月収>最高7万円

コメント

コメントする

目次
閉じる