『DiskStation DS216j』の設置・接続方法からハードディスクの取り付け方を解説  セットアップ方法は初心者でも簡単

『DiskStation DS216j』へのHDD取り付け方とセットアップ方法を解説

s-p1170443

Synology社製『NAS DiskStation DS216j 』を開封

Synology社製『NAS DiskStation DS216j 』を設置・設定した。Synology社は台湾メーカーということもあって日本語説明書は付属していない。あらかじめ組み立て・PC設定を確認しておこう。

Synology社 人気のNAS『DiskStation DS216j』を購入したNASとは何か?DiskStation DS216jは、Synology社から発売されている人気のNASだ。NAS(Network Attached Storage...

 

s-p1170010

ネット注文して届いたところから。ダンボールの中にさらに本体の箱があるのが分かる。

s-p1170012

箱自体は綺麗で中身がきちんと収まっている。いい加減な作りではなく、日本製と遜色ない感じだ。

s-p1170015

内容を確認する。中身には本体とアダプター・ビスが2種類と、LANケーブル・『Quick Installation Guide』というガイドが1冊入っている。

s-p1170018

本体は白い箱でゴツイ感じではない。足の部分がゴム製で滑らないようになっている。

HDDをNASに取り付け。HDDは本来2台入る。HDD1台だけでも動作する

NAS本体を開く

s-p1170488

付属ガイド『Quick Installation Guide』を見てみると日本語も英語もなく、文字による説明はない。説明文がなくイラストだけである。内容的に絵だけで十分伝わるので問題ないのだ。少々そっけない感じがしてしまった。

s-p1170455

描いてある絵の説明に従っていく。まずは本体をスライドさせると写真のように簡単に開くことができるはずだ。

s-p1170457

本体半分を取り外し開く。側面に冷却ファンとLANの差込口、USB3.0が2カ所あるのがわかる。

s-p1170458

中には2箇所にHDDが入る構造になっている。

HDD WD Blueを開封

s-p1170439

こちらも一緒にネット注文しておいた内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB『 WD Blue WD10EZEX』を開封する。

s-p1170445

しっかり梱包されていた。慎重に取り扱う。

s-p1170447

プチプチ包装の下にビニール包装。今回は違うが、場合によっては安いバルク品を買うのもひとつの選択肢かと思っている。しっかり包装されている。

HDDのセット

s-p1170461

このような方向で、縦に重ねて2台のHDDをセットできる。今回は1台だけ使用する。

s-p1170492

説明書の2.5″と3.5″と書いてあるのはHDDが2.5インチの場合と3.5インチの場合だ。どちらも取り付け可能である。今回は3.5インチを取り付ける。ひとまずHDD1台で稼動させる予定で、近いうちに2台目のHDDを買いミラーリングをする予定だ。ミラーリングの場合は、同一型のHDDを2台用意すれば問題ない。

s-p1170472

こういった向きでHDDを着ければOK。この写真で、上がDISK1で下がDISK2と説明書に書いてあった為、DISK1の位置にセットした。付属のネジを使い4箇所で固定する。

s-p1170449

左のネジがHDD固定に使用するものだ。予備も2個入っているので余るはずだ。右は本体カバーを固定するときに使うネジだ。こちらも予備が1個入っている。

s-p1170474

自分でらかじめ用意せねばならないものはプラスドライバーのみだ。

s-p1170466

見えにくいが『HDD1』と『HDD2』と書いてあるのが分かる。ネジの回りに黒いゴムが設置されているので衝撃や長時間の稼動による振動でネジが動いてしまうことがないようになっている為だ。いい感じでネジは締めることができた。全く不安定感はなかった。

s-p1170493

『Quick Installation Guide』を見ていくと、次に描いてある絵はこちらだ。外ぶたをフタを閉めてネジで2箇所とめればOKということだ。

s-p1170480

実際にもうネジで固定するとこんな感じだ。個体差もあるかもしれないが、こちらのネジは少々固かった。

s-p1170497

次に電源ケーブルをコンセントにさして、LANケーブルを挿す。そしてNASの電源を入れればOKだ。

図の右下にアドレスが書いてある。これは、PCでこのアドレスを入力すると、同一ネットワーク上にあるNASを見つけてくれるという意味だ。Webブラウザ上でアドレスを入力しよう。NASの初期設定をすることができる。

DiskStationの初期設定画面を解説

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a301

Webブラウザ上で先ほどのアドレス(http://find.synology.com)を入力すると、同一ネットワーク上のDiskStationを検出してくれる。無事に検出されたら上の様な画面になるので接続ボタンをクリックしよう。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

ロード画面が出るためしばらく待つ。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

DSM(DiskStation Manager)のインストール画面になる。今すぐインストールをクリックする。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

こちらはOKをクリック。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

インストールが始まる。ここは数分間かかってしまうので、焦らずにじっくり待とう。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

とにかく画面を眺めながら待っているしかない。100%になると次の画面へすすむ。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

10分間のカウントダウンが始まる。正確に10分ではなく、PCの性能によって多少は時間に差があるだろう。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

上画像のように管理者アカウント作成画面が出てくるので入力しよう。

サーバー名⇨今回設置しているNASに名前をつける。

ユーザー名⇨NASを使う管理者(管理者アカウント)の名前を決める。家族など複数人でNASを使うこともあると思うが、複数のユーザー名を設定できるので、それは後から足していくことも可能だ。

パスワード⇨ユーザー名(管理者アカウント)のパスワードを入力しよう。

サーバー名・ユーザー名・パスワードはどれも後から変えることができる。

入力したら画面の次へをクリックする。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

次へをクリック。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

ここも次へをクリックだ。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

QuickConnectを設定する。設定してQuickConnectのIDとパスワードを持つことにより、インターネットにつながる環境であればどこからでもNASに接続できるため便利なサービスだ。しっかり登録しよう。

メールアドレス

パスワード

QuickConnect ID

それぞれを入力して、次へをクリックしよう。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

ショートカットをパソコンのディスクトップに作っておくことができる。

作れたら次へをクリック。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

推奨パッケージのインストール画面となる。このままインストールをクリックで問題ない。(後からインストールすることもできる)。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a315

インストール済みのアプリケーション(パッケージ)に緑丸のチェックが入っていく。全てインストールが終わるまで待とう。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a316

移動をクリック。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a317

設定が終わりDSMの画面になる。

s-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a318

この画面でNASの色々な操作ができるようになる。ここまでくれば一通りの設定作業が完了したことになる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です