ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413 を使ってみた

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413 を購入した。色はブラックで、記録容量は4GBだ。

ランニング・ジョギングするときに、音楽を聴きながら走ると非常に捗る。

僕は普段は、音楽をiPhoneで聴いている。iPhoneとコードレスのBluetoothイヤホンの組み合わせではない。便利だと思うがAirPodsはもっていないので、iPhoneと有線のイヤホンの組み合わせだ。しかしランニング中は、iPhoneが重い・わずらわしいと感じるので、家に置いて出かけたい。SNS中毒ではないし、ランニングを仕事の電話で邪魔されたくもないからだ。

そこでヘッドホン一体型のウォークマンであれば快適では?と考えた。手ぶら状態で走りにいける。一体型ウォークマンソニーのWシリーズは防水・防塵・耐寒熱であるためスポーツ向き、容量は4GB・16GBあり、約880曲から3850曲を記録できる。

低スペックのNW-WS410シリーズのNW-WS413 は、4GBでBluetooth機能がないためスマホには接続できない。NW-WS620シリーズ(16GBのNW-WS6254GBのNW-WS623)はBluetooth機能があるためスマホと接続・連携することができる。

両シリーズともに、外音取り込み機能が大きな特徴で、自転車や自動車が近づいてきたときの音や、会話を聞こえやすくする機能がついている。(必ず聞こえて危険回避できるわけではないのでそこは自己責任となるので注意されたい。)




Bluetoothイヤホンを脳の近いところに付けるということについて

僕がAirPodsの購入をまだしていない理由として、アタマ・脳みそに近いところに付けるイヤホンに、マイクロ派を出すBluetoothイヤホンを使ってホントに大丈夫かな?という不安があるから。

賛否はあるのだろうけれど、なんとなく不安に感じながら使っているストレスのほうが健康に悪そうである。

ソニーのWシリーズにはBluetooth機能の付いているものと付いていないものがある。付いているものもON・OFFが出来るのでどちらでもいいのだが、『どうせ使うつもりがないのであればなくていいや』ということで、Bluetooth機能なしのNW-WS413 を購入した。

NW-WS413  Bluetoothなし 4GB カラー:ブラックのみ

NW-WS623 Bluetoothあり 4GB カラー:ブラック、ブルー、ライムグリーン

NW-WS625 Bluetoothあり 16GB カラー:ブラックのみ

413と623の価格差は3,000円程度(購入当時)である。3色を選べる623も魅力的である。

周りの音が聞こえるウォークマン

NW-WS413 には外音取り込み機能がついているわけだが、この機能がなかなか面白い。左耳のON・OFFボタンを押せば、ワンタッチで機能のON・OFF設定ができる。音声ガイダンスも流れるので、現在ONになったのかOFFになったのか分かりやすい。

ONにして使ってみると確かに周囲音がよく聞こえる。トントンとドアをたたく音や、自分で手を叩いてみた音などはっきりと聞こえる。自動車やバイクの音も『シャーッ』っといった感じで近づいてくるのがすぐに分かったので、安全性が高まっていると思った。音自体は補聴器で聞くような音に近いのだろう。直接耳で聞く音とは少し異なる。

外音取り込み機能をONにした状態と、OFFにした状態とで音楽の聞こえ具合にはそれほど差は感じなかった。

ランニング・ウォーキングにおける カナル型イヤホンの大きなデメリット

ソニーWシリーズNW-WS413 、NW-WS625、NW-WS623はカナル型のイヤホンのため、足音の振動音やタッチノイズがよく発生する。カナル型はいわゆる耳栓型のイヤホンであるため、走っているときの足音の振動が頭の中に響くことになる。『ドゥワーン・ドゥワーンッ』と結構大きな音なので、感じ方は人それぞれなのかもしれないが、個人的にははっきり言ってランニング・ウォーキングでは音楽を聴くどころではないレベルだと感じた。

実際NW-WS413 を付けて走ってみるとかなり振動音が頭に響くことになる。歩いているときも同様であった。これは、耳栓をつけたり、指で耳を塞いで、歩いたり・走ったりしたときに感じる振動音を想像してもらえるとよい。

ランニング用にと買ってみたものの、はっきりいって個人的には向いていないというのが結論だった。一方、家のなかで軽い作業をしながらや、筋トレをしながらといった用途であれば非常に快適だ。だからこれからはジムでの筋トレ用になると思う。丸洗いができるメリットがあるので、汗をたくさんかいても全然OKだ。

カナル型は音漏れを防いだり、周囲の雑音を遮蔽してくれる効果にメリットがあるが、外での移動時には逆にそれはデメリットになっている。NW-WS413 外音取り込み機能を付けることによって、周囲の音が聞こえなくなる危険性をわざわざ補っているといえる。

純正専用ケース CKS-NWWS410

純正ソフトケース CKS-NWWS410 は、NW-WS410シリーズとWS610シリーズ専用のケースだ。

NW-WS410シリーズ のNW-WS413にも、WS610シリーズのNW-WS623とNW-WS625にも対応している。ちょっと大ぶりなケースでコンパクトに収納という印象ではない。

しかし、もともと収まりが利きにくい本体と充電ケーブル類と一緒にまとまるので、使い勝手はよい。

充電は電源コンセントではなくUSB充電となる。充電速度は意外と速かったりする。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です