iPhone用USBメモリ iShowFast  iPhoneに直接挿せて非常に便利

iPhoneやiPadに直接挿して使えるUSBメモリ データ転送も速い!

iPhoneやiPadには当然ながらUSB規格の差込場所がなく、ライトニング(Lightning)コネクタが採用されている。このためデータ移行や保存のために使うUSBメモリやフラッシュメモリを直接挿して使うことができない。

ライトニングコネクタは小さく、上下(裏表)を気にすることもなく挿すことができる優秀な規格だが、全てのパソコンやスマートフォンで使えるようにはなっていない。

iShowFastはUSB3.0とライトニングコネクタ両方に挿すことができるため。iPhoneやiPadなどのアップル製品から簡単にデータを本体メモリ保存することができる。またUSBへ挿せば、Windows・Macを問わず、パソコンへ簡単にデータ移行や保存をすることができる。大きな特徴は読み込み・書き込み速度が非常に速い。USB3.0が採用されている。

自分の持っている割と大きめの音楽データを、パソコン(Core i7の一般的なパソコン)からiShowFastへコピーしてみた。2.5G Bほどの大きな容量がわずか3分くらいでコピーが終わってしまった。これを今度はiShowFastをiPhoneに挿してiPhone内にコピー。この作業も5分ほどだった。




iPhoneSEとの比較したサイズ感は上の画像。サイズは49.1×31×9mmで、一般的なUSBメモリより大きめだ。

実際測ってみると本体部分の長径が5cmくらい、ライトニングコネクタを出した場合は58mmくらいとなり、USB側を出した場合は63mmくらいとなる。

容量は128G、64G、32G、16Gがある。

中心のボタン部分をスライドさせて、USB側とライトニングコネクタ側を使い分ける。両方を収納させることはできない。USB側かもしくはライトニングコネクタ側が必ず飛び出ている形になる。また、キャップ(フタ)はない。




アップル製品の『iPhone、iPadにSDカードが挿せない』という大きなデメリットは誰でも知っているが、これは皆がとっくにあきらめている。
『パソコンにデータ移行をしようとすると、スムーズにできない』というデメリットを感じたことはあるだろうか?
ー iCloudという非常に便利なサービスがあるー という人もいるだろう。逆にデメリットと感じる人は、iCloudを強制的にユーザー側に使わせるための誘導と感じているかもしれない。iCloudは便利な点があるが、そのメリットを享受できるのはアップル製品限定のものではないだろうか。
iPhoneユーザーは多いが、パソコンもアップルという人は少ないし、Windowsのほうが使い慣れているし実際出回ってる。Windows版iCloudもあるが、そもそもデータをパソコンに写すのにiCloudをわざわざ経由しなければならない必要性は感じない。相性よくきちんと使いこなせる人以外は、作業がよけいに煩雑になるだけだ。
面倒なためiphone ⇔ Windowsパソコン間でのデーターのやり取りをすること自体を断念しているユーザーも多いだろう。iPhoneで撮り貯めた写真をバックアップしておきたいのに、iCloud Driveの無料5Gの容量で足りることはないだろう。
iCloudを使うとなると色々考えたり、理解しておかなければならないことは多そうだ。
同期のこと
バックアップ設定のこと
セキュリティ設定のこと
有料の容量買い増しのことなど・・
一方、iShowFastは『ライトニングコネクタにもUSB3.0にも挿すことができる』単なるフラッシュメモリである。上記の問題を考える必要はない。

iShowFastの基本的な使い方

iShowFastを使って、自由に操作・データのやり取りができる。

iPhoneやiPadと、iShowFastとで、相互にデータを移動・コピーすることができる。

iShowFastと、パソコンとで、相互にデータを移動コピーすることができる。

iShowFastとDropBoxとでも、同様にデータのやりとりか可能。

専用アプリを使ってiPhoneで直接ファイル操作が可能。例えば、複数の音楽ファイルをフォルダ管理して直接アプリから連続再生できる。iShowFast内に入れた音楽ファイルは、iShowFastをiPhoneに挿してそのまま再生することもできるが、そのままではライトニングコネクタが塞がっていてイヤホンがさせない。なので一度iPhone内にコピー・移動する(iShowFastアプリ内管理のフォルダーに移動・コピーしてライトニングコネクタにイヤホンを挿して音楽再生できる)。

パソコン側の操作

iShowFastをパソコン側に挿し使用する場合、特に新規にソフトをインストールする必要はない。ただ、USB3.0側を挿すだけだ。
ID・パスワードは必要だったり、新たに設定する必要はない。
普通のUSBメモリと同じ。挿せばマイコンピューターなどから認識できる。メモリ内の中身も当然全て操作できる。

iphone側の操作

一方、iShowFastをiphoneに挿して使うためには、まずは専用アプリをダウンロードする必要がある。
iphone上からAppStoreを開き、iShowFastを検索、アプリはむろん無料で入手できる。
iShowFastのアプリを立ち上げると、下のような画面が出てくる。
アイコンが『iphone』と『アカウントの管理』
『iphone』をタップするとiphone側に収納しているデータファイルが表示される。
『アカウントの管理』では、DropBoxなどに対応した操作ができる。
iShowFast本体を挿すと、上の画像のようにアイコンが増える。iShowFastアイコンをタップすると現在iShowFast本体の中に保存されているデータファイルが全て確認できる。また、直接そこで操作することができ、mp3など音楽ファイルであればタップすれば再生され、JPG等の写真データであれば写真を開いて表示できる。エクセルファイルも開いて表示できる。
また、ここでファイルを長押しすれば、コピー・削除・移動・共有・名前変更なども選択でき、簡単に直接操作が可能だ。コピーや移動を選択すればiShowFastからiPhone内やDropBoxへデータ移動もできる。
次に、下記画像の + 部分をタップすると、
iphone内からiShowFastメモリ内へのファイル移動やコピーのためのファイル選択をすることができる。
ここで「メディアライブラリから追加する」を選べば、
iphone内のカメラロールから写真ファイルをiShowFastへ移動することができる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です