脂質異常症と高脂血症の違いについて

脂質異常症、高脂血症、高コレステロール血症など。分かりにくい名称の違いを整理してみた。

以前は高脂血症という名称が使われていたが、現在は脂質異常症をいわれるようになった。その他にも高コレステロール血症、高LDL血症、高トリグリセライド血症など、コレステロールに関する名称が使われることがある。名称が色々あって分かりにくいので整理してみた。

現在は脂質異常症と呼ばれる。なのでまずは脂質異常症の定義をおさえておこう。それに加えて各基準値、すなわちLDL、HDL、TG(トリグリセライド/中性脂肪)の基準値が分かればよいだろう。




脂質異常症とは

コレステロールまたは中性脂肪が基準値より高い、または低い状態を脂質異常症という。

2007年より以前は高脂血症という名称が使われていたが、現在は脂質異常症と改名された。その理由は『高脂血症』というと脂質が高い病気というイメージだが、HDLコレステロールではむしろ血中濃度が高いほうがよく、その点で『高脂血症』という言葉は適切でないと判断されたからである。

HDLコレステロールは善玉コレステロールといわれる。HDLは血中の値が低いほうが動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まることから高脂血症という言葉は適切でないと判断されたのだ。

脂質異常症と診断されるのは、

●高LDL血症:LDL140mg/dL以上

●低HDL血症:HDL40mg/dL未満

●高TG血症:TG150mg/dL以上

いずれかの場合をいう。

脂質異常症を放置するとどうなるか?

血清脂質が異常値 ⇒ 血管にダメージ ⇒ 動脈硬化 ⇒ 狭心症・心筋梗塞・脳梗塞の発作が突然発症

といった順で、突然心臓や脳の疾患が発症していまう可能性が高まることになる。

脂質異常症の症例では、まずは食事・運動・禁煙に関して生活習慣改善を行うことが重要だ。薬物治療の開始後も、継続して生活習慣改善を行っていく必要がある。

高コレステロール血症、高トリグリセライド血症、高脂血症の定義

高コレステロール血症

LDLコレステロールが140mg/dL以上の場合を高LDLコレステロール血症という。アメリカ合衆国の※ACC/AHAガイドラインでは、家族性高コレステロール血症以外についてはLDLの目標値を設定するエビデンスはないとされた。(※ACC:米国心臓病学会、AHA:米国心臓協会。)家族性高コレステロール血症:遺伝的にコレステロールが高くなるコレステロール血症。LDLコレステロールは単にコレステロールを肝臓から他の臓器に運ぶ働きがあるだけで、その存在自体は体にとって必要であり、単純に悪玉であるとは考えられていない。

高トリグリセライド血症

トリグリセライド(TG、中性脂肪)が150mg/dL以上の場合をいう。

高脂血症

高コレステロール血症もしくは高トリグリセライド血症のいずれか、または両方である状態をいう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です