キングダムに登場した藺相如(りんしょうじょ)とは?どんな人物か?詳細を知ろう。

藺相如とはどんな人物だったのか?


史記 刎頚の友 (My First WIDE)

藺相如(りんしょうじょ)『完璧』『刎頚の交わり』の故事の元になった人物である。中国歴史上では有名人だ。

司馬遷の史記では藺相如は文武知勇の将と賞されている。春秋戦国時代末期、趙国の恵文王(けいぶんおう)と孝成王(こうせいおう)に使えた人物である。後に中華統一を果たした秦は当時昭襄王(しょうじょうおう)の時代で強国だった。秦は趙を狙っていたが、趙に藺相如廉頗(れんぱ)の2人がいたため手が出せなかったと言われている。

キングダム作中では趙国の初代三大天のうちの一人とされている。初代趙三大天といえば、『藺相如』『廉頗』『趙奢(ちょうしゃ)』と設定されている。そしてキングダム連載中の時代で新三大天とされているのが『李牧』『龐煖』『司馬尚』だ。李牧は作中で主人公信(李信)のライバルとしての位置づけとなり、あまりに有名になってしまったが、人物としての格は藺相如もまさに同格といえよう。ちなみに三大天という呼称は、キングダムだけのオリジナルのものだ。



和氏の壁

藺相如(りんしょうじょ)のことを知るに『完璧』という故事成語は外せない。また、『完璧』を知るにも『和氏の壁(かしのへき)』は外せないワードだ。和氏の壁については『韓非子』に書かれている。韓非子は戦国時代であまりに有名な法家(法治主義を説いた中国春秋戦国時代の学派のひとつ)である韓非によって書かれた著書のことである。韓非子は秦の始皇帝にも高く評価されたといわれる。

完璧の『壁』とは、当時趙にあった宝物『和氏の壁(かしのへき,かしのたま)』のことである。壁とは祭祀用に使われた玉器で形状は円盤状で、中心に穴が開いている。和氏の壁は春秋戦国時代の楚の人物卞和(べんか)が見つけた宝石で、和氏(かし)とは卞和(べんか)のことである。壁は玉(ぎょく)とも呼ばれ、和氏の壁は天下の名玉といわれることになる。名玉はいわゆる宝石のことだ。和氏の壁は、秦の昭王が15の城と交換しようとした故事によりその後「連城の璧」とも言われるようになった。

和氏の壁を見つけたといわれている卞和(べんか)は春秋時代の人物で、これを楚山で見つけたと伝えられている。楚山とは単純に楚の地域(中国大陸の南部)の山のことであろう。

ー楚人の和氏、玉璞を楚山の中に得たり、奉じて之を厲王に献ずー(韓非子より)

玉璞は「ぎょくはく」と読み、まだ磨かれていない玉のことで、”あらたま”と訳せる。厲王(れいおう)は春秋時代初期(紀元前750年ごろ)の楚の君主で、春秋左氏伝では『蚡冒(ふんぼく)』と表記されるが、韓非子では厲王と表記される。卞和(べんか)は厲王(れいおう)に宝石だと思ったこの玉璞を献上したが、単なる石だと言われてしまう。君主を欺いたとして、卞和は左足を切られてしまう。

ー厲王の薨こうじるに及び、武王即位し、和、又た其の璞(はく)を奉じて之を武王に献ずー

厲王(れいおう)が崩御して武王が即位すると、卞和(べんか)は再び武王に同じ玉璞を献上した。しかし、武王にも再び同様にこれは単なる石だと言われてしまう。そして今度は右足も切られてしまう。

ー武王薨じ、文王即位し、和、乃ち其の璞を抱きて楚山の下に哭し、三日三夜、泣尽きて之を継ぐに血を以てすー

武王もまた崩御して文王の時代となった。卞和(べんか)は”あらたま”を抱いて山で三日三夜、とうとう涙の代わりに血が出るほどに泣きはらしていた。それを聞いた文王がその理由を聞くと、卞和(べんか)はこう応える。

足を切られたことを泣いているのではなく、宝石なのに石と言われてしまい、忠義の士にもかかわらず君主を欺いた者とされてしまったことを悲しんでいるのだと。

ー王、乃ち玉人をして其の璞をおさめ、而して宝を得たり。 遂に命じて曰く、 和氏の璧、と。ー

それを聞いた文王は玉工にその玉璞を磨かせると、見事な玉だったという。文王はその見事さに心をうたれ『和氏の壁だ』と言ったという。

この和氏の壁は『韓非子』『十八史略』『史記』に登場するが、趙が滅ぼされた後は歴史上に登場していない。定かではないが中華統一を果たした秦の始皇帝により玉璽とされたという説もある。『三国志』にも登場する伝国の玉璽は漢王朝の歴代皇帝が使用したとされる。『三国志演技』でも登場するが重要アイテムとしてあまりに有名だ。しかし玉璽は後晋の時代に紛失してしまったとされているため、現代には実在はしていないようだ。

完璧

ー趙の恵文王、嘗(かつ)て楚の和氏の璧を得たり。

秦の昭王、十五城を以つて之に易へんことを請ふ。
与へざらんと欲すれば、秦の強きを畏れ、与へんと欲すれば、欺かるるを恐るー

先に述べたが、和氏の壁は、秦の昭王(昭襄王)が15の城と交換しようとした故事によりその後「連城の璧」とも言われるようになった。昭襄王といえばキングダムでは『~戦神といわれた』などと表現されていてすごく強かったイメージだ。正史や実際の書物の中では戦神というような表現はむろんないが、実際昭襄王の時代の秦は強国だったのは間違いないだろう。特に魏冄が宰相であり、魏冄に推挙された白起が将軍であった時代は多くの他国の城が秦のものとなっていった。

そんな秦国は当時、趙を下にみている。秦王は趙国にある和氏の壁を手に入れたいと思い、十五城との交換を持ちかける。それに対し趙王の恵文王は、断れば秦が攻めてくるだろうと心配し、はたまた応じれば約束を反故にされ壁をただ取られてしまうのではないかと恐れた。騙し取られたとしても強国秦には何も言うことはできず泣き寝入りである。それでは趙は天下の笑いものである。

藺相如 曰はく、「願はくは、璧を奉じて往かん。 城入らずんば、則ち臣請ふ璧を完(まっと)うして帰らん。」と。既に至る。

ここで藺相如が登場する。藺相如は自分が秦へ和氏の壁を持っていくという。そしてもしも城が手に入らなければ和氏の壁も持ち帰るといった。

秦王城を償ふに意無し。 相如乃ち紿きて璧を取り、怒髪冠を指す。柱下に卻立(きゃくりつ)して曰はく、

「臣が頭は璧と倶に砕けん」と。

藺相如が秦王に和氏の壁を献上したが、秦王が城を趙へ譲る意思がない。藺相如はそのことが分かると、うまく欺き壁を取りかえす(小さな傷が壁にあるので教えましょうといって奪い返したという)。そして冠から髪が飛出るほどに怒りをあらわにしつつ、城をもらえないのであれば自分の頭と壁を粉々にするといって凄んだのだ。

藺相如は恵文王の宦官繆賢の食客であるが、おそらくそこらの食客よりは武に慣らした人物でもあったのであろうか。しかし廉頗のような多くの戦場を駆け巡っていた屈強な武人には及ばないだろう。この時点では交渉のため秦へ赴いた趙王の宦官の家来の一人でしかない。しかし史記で知勇兼備と称されるように知恵に加え、豪胆で激しい気性を持ち合わせていたようだ。怒髪天を突くー冠を突き破る(飛び出す)ほど髪が逆立つとは凄まじい表現だ。

従者をして璧を懐(いだ)きて間行して先づ帰らしめ、身は命を秦に待つ。
秦の昭王、賢として之を帰らしむ。

藺相如は時間稼ぎをしている間に従者を使って和氏の壁とともに趙に帰らせてしまう。秦王は捕らえた藺相如を賢いものだといい、趙へ帰らせたという。壁を守り通すと同時に趙の面子も保ったのである。まさに完璧な対処で、現代の語源となったといわれるのだ。

刎頸の交わり

宦官の家来の一人に過ぎなかった藺相如は外交の面で功を立てたので、上卿にまで昇格した。上卿はかなり高位の大臣職で廉頗より偉くなってしまったのだ。ここでこれが廉頗は気に入らない。戦場で戦い功を積み重ねてきた歴戦の将軍は、舌先三寸の外交だけで出世してしまった藺相如が気に入らないのである。このことを公言してはばからない廉頗将軍に気づいた藺相如は、病気と称して外出を控えるようになってしまった。

すると今度は、藺相如の家臣たちが、弱腰な自分たちの主人をみて潔しとせず、皆で辞職を申し出ようとしていまう。

相如曰わく、夫れ秦の威を以ってすら、相如之を廷叱して、其の群臣を辱む。相如、駑なりと雖も、独り廉将軍を畏れんや。顧念するに強秦の敢えて兵を趙に加わえざる者は、徒吾が両人の在るを以ってなり。

それを聞いた藺相如は家臣たちに言う、廉頗将軍と秦王ではどちらが上でどちらがより恐ろしいか?それは秦王だと家臣たちが言うと、秦王を怒鳴りつけた自分がどうして廉頗将軍を恐れるかと。

 

今、両虎共ともに闘わば、其の勢い倶に生きず。吾の此を為す所以の者は、国家の急を先にして、私讐を後にするなり、と。

強国で趙への侵攻を常に狙っている秦が攻めて来ないのは藺相如と廉頗がいるからなのである。二人が争うならスキができ、秦は攻めてくるだろう、なので私讐は後にしているのだと藺相如は説明したのだ。

き、肉袒してい、ってし、刎頸わりをす。

このことを聞きつけた廉頗は藺相如の屋敷へ出向くと、半脱ぎになり謝罪をした。その後二人は『頸(くび)』を刎(は)』ねられたとしても互いに恨みはないという誓いを立てた。

刎頸わりの語源である。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です