キーボードのキースロトーク2mmと3mmの使用感の差と、無線キーボードとマウスがうまく反応しないときの対処法

iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット BSKBW100SBKで静かなパソコンライフにしよう。もし無線の反応が悪かったら、USBハブポートをうまく使おう。

秋葉原でウインドウショッピングをしていたところ、キーボードと静音マウスがセットになったiBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット ブラック BSKBW100SBKという商品をみつけて購入した。

この商品の特徴は、浅めのストロークで、テンキーがきちんと付いているディスクトップパソコン用のキーボードであること。それからマウスはシンプルな左右対称で、キーボード・マウス共に無線のためワイヤレスで使用できるという点である

また、しばらく快適に使っていたのだが、後日いまいち無線キーボードの反応が悪くなってしまった。その対処をしたので紹介したい。



iBUFFALO BSKBW100SBK は浅いキーストロークのキーボード

iBUFFALO BSKBW100SBK のキーストロークの”浅さ”は2.3mm

今回購入したのはワイヤレスキーボードとマウスがセットとなっている iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット BSKBW100SBK という商品だ。店頭での価格は1,980円ほどであった。セット価格で安価と思い購入した。購入後にamazonで調べてみると『ベストセラー1位』のマークが。意識はしなかったが、なかなか売れ筋の商品だったようだ。

今までもワイヤレスキーボードを使用していたが、音がカチャカチャと結構うるさいな~と思っていた。かねてよりキーストロークの浅いものに買い替え『うるさいカチャカチャ音を軽減したい』という思惑があった。

キーボードのキーストロークとはキーの高さ・深さのことだ。『キーを押したときにキートップが沈み込む深さのこと』である。

キーストローク2.3mmと3.2mmの差

一般的なキーストロークの深さの違いの比較は上の表のようになる。今回のBuffaloのキーボードはキーストロークが2.3mmだ。これは比較的浅めのキーストロークで、ノートパソコンのキーボード並である。

今まで使用していたものは、『Logicool ロジクール フルサイズ 薄型 ワイヤレスキーボード テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270』という商品で、こちらはキーストロークが3.2mmである。一般的にデスクトップパソコンで用いるキーボードといえる。

この2.3mmと3.2mmで差がどれくらいでるのか?実際に両方を使ってみたが『かなり違う。一度使うともう元には戻れない。』というのが率直な感想だった。

上の画像だと、上が2.3mmのもの、下が3.2mmのものだ。上に重ねたキーボードが今回購入したiBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット ブラック BSKBW100SBK だ。下のキーボードはLogicoolのK270だ。Logicool K270も売れ筋商品のようで決して使い勝手の悪いものではなかった。しかし実際に比べてみてみると倍くらい厚みが違うように見える。

キーストロークの深さの違いにより、キーの打音は結構変わってくる。文章での表現は難しいが、『音の大きさが1/4くらいになったかな~』という感じだ。キーストロークが浅いというのは、打っていてとてもラクに感じた点もポイントが高かった。ただし、むろん打ち方による個人差はあるだろう。

個人的には、とても快適になったと感じた。キーストロークが深いものを好む人もいるし、音なんかどうでもよいとか、ちゃんと音が鳴らないと打っている気がしないため嫌だという人もいるだろう。しかし、もっと楽に打ちたい・静かなほうがよいという人は是非検討して欲しい。

キーストローク最小は1.2mmか?

そうなってくると、もっと浅いキーストロークのものないのか?と思い、探してみることにした。

あった!さすが価格.comきちんとキーストローク別に検索できるようになってる。

さっそく30種類もある最小(もっとも浅いストローク)の『~1.8mm未満』に絞り込んでみる。その中でスペック詳細を見ていき、最小キーストロークのものを探す。

iBUFFALO Bluetooth3.0対応コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BKというモデルを発見。このコンパクトキーボード、ストロークがなんと1.2mmだ。確かに浅そうだ。これはちょっと浅すぎて打ってる感じしにくいのか?でも静かなのか?しかし、大きな欠点がある。あまりにサイズがコンパクト過ぎる。テンキーが独立していないのはダメだ。今回の用途目的では、キーストロークが浅い、かつきちんとテンキーが付いていて、十字キーも独立して付いているキーボードを探していたためだ。

浅いキーストロークかつ、充実したキー数があるキーボードを真剣に探してみた

そこで再び、価格.comページ内を探していく。

次に、エレコム Bluetoothキーボード コンパクトタイプ Win・Mac・iOS・Android対応 パンタグラフ式 電池残量表示ランプ搭載 ブラック TK-FBP081BKという製品を発見した。

キーストローク1.5mm!

ワイヤレス!テンキーあり!

十字キーが独立している。

これはもしかしたら、静かに打てて、かつ使いやすいかもしれない。値段は¥3,489(編集当時の価格)。こちらを買えばよかったかと少し後悔する。

秋葉原で色々なキーボードを物色したのだが、キーストロークの浅さという点では、スタンダードが2.8mmという商品が多かった。そのくらいが一般的なのだろう。スマホ・タブレットに用いることが想定されているような商品は1.9mm程度のものもあり、確かに実物を打ってみると音は静かに打てる。しかしそういった商品はコンパクトに作られているため、テンキーが独立しているようなものは発見できなかった。

今回の購入で、3.2mmのものから2.3mmのキーストロークになり、かなり使いやすくなったと実感していたが、1.5mmというものを発見してしまうと一度試してみたくなってしまう。

エレコム Bluetoothキーボード コンパクトタイプ TK-FBP081BKは、1.5mmという浅いキーストロークで、かつディスクトップPC用としてはキー配列がきちんとそろっている。ひとつの理想系かもしれない。(こんど買おうと思ったのだった。)

iBUFFALO BSKBW100SBK のマウスは静音マウス

静音マウスがセットに

新品の箱を開けてみると、キーボード・マウス・電池が2個(単3×1、単4×1)、USBタイプの無線レシーバーが入っている。電池が入っていてすぐに使用できるのは嬉しい。

単3電池はマウス用で、単4電池はキーボード用だ。マウスとキーボードそれぞれにはスイッチがある。

説明書を一応読むと、レシーバーをパソコンに差し込みUSBを認識させてから、電池を入れたキーボードとマウスの電源を入れれば、動くようになる。とても簡単だ。

このマウスは静音マウスで、クリック音が静かな設計になっている。どれくらい静かかと言うと、通常のマウスが『カチカチッ!』だとしたら、『ココッ』っといった感じだ。なかなか具合がいい。

左右対称マウス

ちなみに、マウスの形は左右対称だ。マウスの形は左右対称か、非対称かのどちらかだが、左右対称のメリットは右利き・左利きどちらにでも対応できることだ。それからクセがないため手に馴染みやすいとも言える。非対称で手に馴染むのが理想的かもしれないが、マウスごとのクセがあるため、合う・合わないが発生しやすいといえる。

iBUFFALO BSKBW100SBK の嬉しい利点 キーボードと静音マウスのセットで、USBポート占有が1つだけということ

マウスとキーボード共有の無線レシーバー

キーボードマウスセットだと、USBポート占有が1つだけという利点があるのも見逃せない。

USBレシーバーは非常にコンパクトなので目立たないが、通常はこのようにマウス用とキーボード用の2ヶ所USBポートが必要だ。

iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット ブラック BSKBW100SBKでは、USBポートは1箇所しか必要ない。ポートの数が限られている状況では重宝できるだろう。

無線キーボードとマウスの反応が悪いときの対処法

機能主義 とても便利なUSBハブポート エレコム USB2.0 ハブ 4ポート バスパワー 2.0m ブラック U2H-TZ420BBK

有線と違い、無線キーボードにもデメリットがあった。電波が悪く、操作の遅延や干渉、データ欠落が出るケースがあるという点である。僕の場合は、日によってキーボードの反応が途切れ途切れになって悪くなる。それからマウスの右クリックが反応しないときがあった。調子が悪い日は頻繁で、作業に支障がでてしまう。しかし、すぐに改善することができた。

この場合の対応は簡単で、レシーバの位置をキーボードとマウスに近づければいい。試しにレシーバを挿している場所にキーボードを近づけてみよう。反応が良くなったら、やはり原因はレシーバーとキーボード・マウスの位置関係にあるということだ。

それが分かったら、USBハブポートなどを使い、レシーバーの位置をなるべくキーボード・マウス付近まで持ってこよう。

写真のエレコム製のUSBハブはポートが4つ。マウスの手元にあれば色々便利だ。僕はコードの長さは2mのものを選んだ。1mの商品もあるようだ。

Bluetooth通信は最大10mくらい届くといわれたりするようだが、当然環境にもよる。なるべくレシーバーを近くまで持ってきておけば、反応が良くなるので解決だ。

このUSBハブはなかなか優れもので、まずマグネットが入っていて金属のポールなどに簡単にくっつく。デスク周りに磁石がくっつく場所があれば嬉しいオプションだ。

また、スイングコネクタで差込部分が180度、グルグル動かすことがでたり、

ホコリのたまりやすい差込口に専用キャップ(4つ)が付属している。

これで快適なパソコンライフが守ら一安心である。USBポートに1,000円くらい、余計な出費となってしまったが、USBメモリも手元ですぐに挿せてそれも嬉しかったりしている。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です